印鑑の変更

印鑑イメージ

今日の晩御飯も焼き鳥とビールだった。
いつも帰り道に大きく変更される予定の一つ。
毎日、お昼には今日こそはスーパーによって煮物を作ろう。
野菜を食べてきれいにならなければならない。
「アンチエイジング」これに取り組まなければまったくもって今年の目標をクリアできない。
そして、肉じゃがどころか料理をしなければ和食を得意になれない。

今年の目標は結婚相手を見つける事だった。
一度結婚を経験したが、若い時のほんのひとつの思い出くらいにしか覚えていない。
離婚はたしかに面倒であったが結婚なんてなんでできたのか、どうやって恋愛をしてどうやってプロポーズまでたどりついて、婚姻届をかいたのかいまいち覚えていないのだ。
つまり、勢いが相当だったのだ。
相手は6個年上の男性だった。
それも手伝ったのかスピード結婚スピード離婚だった。
今思えば、相手が30歳になるときに相手の親に押し切られたのだ。
同棲するなら籍を入れてちょうだいと言われた。
そして、あれよあれよという間に結婚し、高校生のようにこの人合わないかもという簡易的な理由から離婚に至った。
それから10年たっている。

友達と始めた会社が軌道に乗っているので収入の面では当分は心配しなくてもよい。
それなのに、結婚だけできないのだ。
手に入れられない。
共同経営者から社名を変えようと提案があった。
少し若いイメージがあり、もう少し落ち着かせようという考えだろう。
もちろん賛成していた。
社名変更と同時に代表印を変えることにしていた。
印鑑の変更義務はなかったはずだが、変えた方がいいに決まっている。
新しい代表印を手にした日に肉じゃがを作ろう。
そして、結婚相談所に行き得意料理に肉じゃがと書こう!やっと、ビールがいつもよりもおいしく感じた。

ページの先頭へ